あけましておめでとうございまする
hide MUSEUM年越しイベント参戦組のみなさん、激しくお疲れちゃんでした。

なんだかんだでDJの前から呑み始め、
気がつけば、約12時間呑み続けてました(←アホです)。

今年もよろピコっつうコトで、また、いっしょに遊んでくださいな。

HAPPY NEW BEER!!!!乾杯!!!!

01/1 22:28

2003は新年早々からおもろいぞ(いろんな意味で)
去年は12/31の年越しイベントが仕事納めで、今年は1/2からスタジオ入りという
"働くパソコンロッカー"ぶりを発揮しまくりの俺なわけですが、
正月なのに実家にも帰らず、何でそんなにスタジオばっか行ってるのかっつうと、
2月にリリースされる相川七瀬さんの2003年第1弾シングルの
サウンドプロデュースとかアレンジとかレコーディングとかを
連日連夜、やりまくってたからなのだよ。

今回レコーディングした『相川七瀬/SHOCK OF LOVE』は
作詞/大黒摩季
作曲/織田哲郎
編曲/INA
というコトで俺サマーは主にアレンジやプログラミング、
レコーディング現場の仕切りみたいなコトをやりました。
(簡単に言うと"伴奏"を作ったっつうコトDEATH)
で、作曲の織田さんサイドからは「おまかせ」ってな感じに言われてたんで
好き勝手にやってみっかと、こんなメンツを集めてレコーディングしてみましたぜ。

GUITAR/室姫 深
BASS/CHIROLYN
DRUMS/西田"最強"竜一
PROGRAMMING & その他いろいろ/稲田"俺サマー"和彦

どうよ、この人選?最強じゃん!!!!とか思ってま専科?。
マジで、激しく最強でエキサイティングな正月になったぜ(飲み会含む)。

あ、エキサイティングといえば、スタジオ作業中にみんなで出前をたのんだ時、
Shameといっしょにレコーディングを見学に来ていた
"イチロー君"(←最近、由紀人の曲作りを手伝ってるグレートパソコンロッカー、通称=Gパソ)
の"あんかけ焼そば"にゴキブリがトッピングしてあったのもかなり刺激的だったぞ。
もうね、その場にいた全員、メシ食えなくなったもんね。
あまりに刺激的すぎたせいか室姫君がトイレで吐いたという噂もあったし(笑)。

そんなネタ風味な事件もありつつ完成した『相川七瀬/SHOCK OF LOVE』、
サウンドはDope HEADzとはひと味違いつつもINA風味に仕上がってるんで
気になりまくりの人は要チェックっつうコトでよろピコだね。
TBSテレビ系「Jスポーツ スーパーサッカーPLUS」っつう番組の
テーマソングにもなるってるんで、聞いておくれ。

レコーディング参加メンバーのみなさん&見学に来たShame、
そしてネタを提供してくれたGパソ君、どーもサンクスでした。

さて、ここで俺サマー超最新情報。
今年はいろいろと活動の幅を広げてくコトも含め、
改名するコトにしましたよ。マジで。
まぁ、深い意味は無いのですが、今日から『I.N.A.』は『INA』になりました。
これで『. 』の数とか間違える奴もいなくなるだろうぜ。
とりあえずネタではないので以後よろピコです。
(ちなみに次号のFC会報は印刷とかの都合上"昔の名前で出ています")

さらに、ここでDope HEADz超ウルトラ最新情報。
来週から遂に秘密作業が始まります。
どんな秘密作業なのかは秘密って言うだけに秘密です。
こちらもネタではないのでハリきって妄想よろピコ。

緊急連絡事項!!!!

飲み屋のトイレ(便器)に携帯を落として使用不可能に。
当然のごとくメモリー消失(涙)。。。。
関係者各位のみなさん、新しい携帯すぐ買うんで、連絡くださいな。。。
、、、、、、、、、ウァアアアアアアアアン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



01/12 11:11

祝メモリー復活
新携帯、買いましたよ。いまどきのカメラ付ってやつをね。
で、水没した携帯なんすけど、時間がたって水分が蒸発したのか?
なんとか電源だけは入るようになり(液晶は死亡)、
メモリーの移植に成功いたしました(関係者の方御迷惑おかけしました)。
やっぱデータのバックアップは大切ですな。と反省してみた。

反省といえば、
今回の機種変更の理由が「酔っぱらって、携帯を便器に落っことしたから」じゃん、
前回が「酔っぱらって、ライターで携帯を燃やしたから」じゃん
前々回が「酔っぱらって、携帯を真っ二つに折って壁にぶん投げたから」じゃん
、、、ダメじゃん、俺。激しく反省。

01/14 16:30

"限定"っつう言葉に弱いわけじゃございませんが、、、
あ〜あ、Shameったら秘密作業バラしちまった。まぁ、イイけど。

さて、それとは何の関連性もありゃしねぇのだが
ここ数日さんざん迷ったあげく、やっと決心して予約してきましたよ。
完全予約限定生産の『DRAGON BALL Z -DVD BOX-』をな。
Vol.1 & Vol.2で全291話完全収録だってよ。

、、、っつうか観る暇あんのかいな?。ちょいと不安。
01/16 01:49

"限定"っつう言葉に弱い人に朗報
ここんとこ"限定"づいてる俺サマーですが
本日Dope HEADzメンバーミーティングで
ファンクラブ"限定"イベントの企画を話しあってきました。
正式な日取りはまだ決まっておりませんが、
いつも応援してくれるDope KIDz達が
楽しみまくれるようなイベントにできるよう、
メンバー全員でいろいろと考え中でございます。
っつう感じで、詳細はしばしお待ちくださいな。

そんだけ。
01/16 22:43

なんか黒いトコ伸びてきまくりじゃんってな感じだったので
スカッシュにヘアメンテ(カラーリング&ソフトドレッド)しに行って来たぜ。
今回はエクステを全部外しちまったので、激しく短くなっちまった。
やっぱ冬はエクステないとつらいな。寒さ凌ぐ為にも。

そんだけ。
01/25 02:41

ありえねーよ
俺サマーの実家に乗用車が突っ込んできた。
救急車、消防車、警察、東京ガスの人とかが来て大騒ぎだったぜ。

原因は一時停止無視らしいね。

見通しの悪い十字路で"止まれ"を無視した車がバイクと衝突し
慌てた運転手はアクセルを踏んでしまい、稲田家めがけてまっしぐら。
玄関先をわずかにそれて壁に激突、そのまま横転っつうわけだ。
もう、稲田家の壁、崩壊ですよ。

まぁ、事故った人も
たいしたケガではなかったので良かったわけですが(良くねぇか)
車を運転してるDope KIDzはくれぐれも安全運転を心がけてくださいまし。
02/3 05:49

hide

ever free !!!!




さて、みなさん、おひさしぶりです。
突然の活動休止宣言から、メッセ更新もせず、2ヶ月間の沈黙、マジでゴメンナサイ。
伝えたいコトは山ほどあるのですが
ネットをやってないファンの人達の事も考慮した結果、
メンバーのコメントはまず最初に「FC会報にて発表しましょう」ってなってるんで
ひさびさのメッセではありますが、今のところ、
俺の独断で活動休止に関してのコメントを書くことはできません。

インターネットを使ってる人は「今」の情報をすぐにでも知ることができるわけで
活動休止発表からメンバーコメント発表まで
約2ヶ月っつうタイムラグはマジで長過ぎるとは思うのですが、
みんなが、できるだけ公平に情報を得られるようにと配慮した結果でございます。
Dope KIDzの中にはインターネットから情報を
得られない人もいる事をわかってあげてください。

会報発送後にはここでも発言していきたいと思ってマスので
もうちょいとお待ちください。
05/2 02:44

Dope HEADz
そろそろ会報が届いてる頃だろうぜってことで
活動休止に関して個人的なコメントをしたいと思います。

「いわゆるバンド形態の既成概念にとらわれず音楽の可能性を追求したい」
という結成当時のコンセプトを見つめ直すべく今後の活動に関し、
「Dope HEADzとしての新たな方向性、可能性、表現方法を見い出せるまで
活動を一時休止する」

メンバー全員で話し合って決めた活動休止についての理由は
この文章以上でも以下でもありません。なので、これからみんなに伝える言葉は
バンド全体の考えではなく、INA個人の意見として聞いてください。
今回のメッセは会報のINAインタビューから引用したり、
内容を更に掘り下げてるとこも多々ありまして
いざ、下書きを終えてみるとなにげに長くなってしまいました(汗)。
こーゆー時は、「一言コメント」とかの方がカッコイイのかもしれませんが
…っつうか、いろいろと説明しすぎでカッコ悪いコト間違いなしですが
まぁ、ここはパソコンロッカー流ということで、よろピコDEATH。

まずは、Dope HEADz活動休止とファンクラブ終了に関して
サイトならびに会報での発表となってしまい、
みんなに直接伝えられなかった事をお詫びしたいと思います。
いつも応援してくれているDope KIDzのみなさん、ごめんなさい。

それと、以前ここのメッセでもファンクラブイベントやるよ!とか煽っておきながら、
結局実現できないままファンクラブ終了という形になってしまいまして、
そちらも合わせてごめんなさい。

(下のメッセに続く…)

05/18 07:41

つづき
さて、本題です。
約3年前、Dope HEADzをPATA、HEATH、INAの3人で立ち上げた時には、
ボーカル、ギター、ベース、ドラムという普通のバンド編成にこだわらずに、
例えば「全曲違うボーカリストが歌ってる」とか
「メンバーが誰も演奏してない曲」とか
その他諸々、自分達がその瞬間に面白いと思った事を自由にやっていこうぜ!と
当時はいろんな事を考えていて、"Cafe Le PSYENCE TV"っつうTV番組では
「プロデュース集団としてやっていきたい」的な発言もしつつ、
ラジオ&TV番組でボーカル募集なんていう、
いたってバンドっぽくない活動を1年近く続けてきたわけなんですが、
いざ、JO:YAがボーカルに決まってからの活動内容は、
シングルと1stアルバムをリリース→ツアー→JO:YA脱退→半年後Shameが加入
→2ndアルバムをリリース→ツアー…という感じで、
いたってバンドっぽい活動でした。

これらの事を3rdアルバム制作を目前にして、あらためて考えてみた時、
この"いたってバンドっぽい活動"に対して、俺の中では
「なんか、俺ら"いわゆる普通のバンド"になっちまったじゃん。
…これで良かったのか?」っつう疑問が生まれてきたのです。
普通のスタイルでバンドがやりたいなら最初からそうすれば良かったわけだし、
Dope HEADzはそうでないとこから始まってるからね。

俺は、いわゆるバンド的なルールに縛られる事なく、自分達が面白いと思える事を
自由にやっていくという事にDope HEADzとしての意味があると思っていたので、
Shameと2人で"DOPE PUSHERS"っていう新しいバンドスタイルみたいなもの
(remixしたDope HEADzの曲+ボーカルというDJスタイルのライブユニット)
にも挑戦したりはしてたんだけど、バンド全体での活動ってのを考えると、
やっぱ理想と現実は違っていて、レコード会社の思惑だったり、
各メンバーが考えるバンド像の違いや音楽に対する取り組み方の違いだったり、
ファンの人達が求めるものを提供したいという想いだったりが
いろいろ関係してくるとそうもいかなくて、結局、最初のコンセプトとは別の方向に
バンドは向かってしまっていて、やろうとしていた事が結果的に出来ていない状況に
なってしまったというか、出来ない状況になってしまったというか…。
いつのまにか、Dope HEADzというバンドにおいて、
自分自身が本気で面白いと思える事が出来ない状況に
なってしまっていたっつう感じかな。

実際、俺は2002年のツアー後すぐに、
3rdアルバムの為に書きためていた新曲のアレンジに取りかかっていたし、
JO:YA時代の旧譜をShameのボーカルで録りなおしていた現状から考えても
このままの流れでDope HEADzを続けていく事は不可能ではなかったけれど、
もっと先を見た時に、いろんな事を含めて
自分自身が納得できる音楽活動が出来るのか?って疑問を抱きながら、
次のアルバムをいついつまでに作って、
決められた日にリリースして…。ハイ、次はツアーやって…。
という感じに続けていったとしても、迷いながら作ったモノじゃ
人に何かを伝えるなんて事は到底出来ないと思うし、何も伝わらないと思うんだよね。

まぁ、プロミュージシャンという立場からすれば、売ってなんぼとか、
お客さんが喜んでるんだからイイじゃんとか言われればそれまでかもしれないけど、
もともと俺は
"やりたくもない音楽を仕事だからやらなきゃいけない"っつうのがイヤで
スタジオミュージシャンの世界から足を洗った男なわけで、
今はただ好きな音楽を好きだからやってるだけ。Dope HEADzに関してもそう。
やっぱ、音楽なんて音を楽しんでこその音楽なわけじゃん?。
「これでイイのか?」なんて迷いながら活動を続けていっても
創る側が本気で楽しめないんだったら意味のないモノしかできないと思うし
楽しめる方向に変えていけないなら、それを続けていく意味もないと思うんだよね。
それに、俺らが出す音に共感してくれて、それを生き甲斐にしてくれてる人が
いるってのを考えると、いい加減な気持ちでなんかできないしね。

(下のメッセに続く…)
05/18 07:29

つづき
俺はこの先もずっと、"PRIMITIVE IMPULSE(1stアルバムのタイトル)"
という言葉の本質である
「目的を意識せずただ音楽を演りたいと思って行動しようとする気持ち」
ってのを大切にして、正直な気持ちで音楽と向き合っていきたいと思ってる。
だから、迷いを抱いたまま、ただ突っ走っていくのではなく、
立ち止まって、自分自身がDope HEADzという場所で音楽をやる上での原点を
考え直してみることも必要かなと思ったわけなんです。
俺が俺でなくなってしまう前にね。

もちろん俺一人がそう考えたからってバンドが活動休止になるわけではなくって、
それぞれのメンバーが出した、
それぞれの答えがシンクした結果が活動休止だったんだけどね。

で、ファンの人の中には『活動休止っていうのは解散なのか?』とか、
『このままずっと休止したままなのか?』っていう声もあると思うんだけど
俺的な結論としてはDope HEADzというバンドで自分自身が
本気で面白いと思える事が出来るのであれば、明日にでも活動再開したいと思うし、
面白いと思える事が出来ないのであれば、活動再開はないかもしれない。
今の段階で、それは俺自身答えられないです。答えが見つかっていない状態なんでね。
っつうか答えを見つけたいが為の活動休止って説もあるわけなんだけど。

だから、俺はみんなに「活動再開するまで待っててください」なんて
調子のイイ事は言いません。
この世の中にはおもしろい事がいっぱい待ってると思うから
自分達でそれを探してみてください。
『Dope HEADzがまた活動するまで、私はずーっと待ってます』というよりも、
みんなにはもっといろんな音楽を聞いてもらいたいし、
またいつかメンバー全員の気持ちがシンクして
再びDope HEADzが動き出す日がやってきたなら、
みんなが見つけたおもしろい事を持ち寄って、Dope HEADzという音楽を、
みんなで楽しめればいいんじゃないかなと思ってます。

まとまりないかもしれないけど活動休止に対しての今の考えはこんなとこかな。
過去のメッセージで「新しい曲創ってる」とか「イベントやるよ」とか
散々煽っておきながら、突然の活動休止宣言でファンの人達には
ほんと迷惑かけたと思ってます。
悲しんでる人、怒ってる人、たくさんいると思いますが、
それぞれのメンバーが出した、それぞれの答えの意味をわかってください。

いつもDope HEADzを応援してくれてるみなさん、ほんとにありがとう。
みんなの応援があってこその俺らだと思ってます。
Dope HEADzのINAとして次にみんなと会える日が来た時、
最高の音をプレゼントできるように活動休止中もKEEP ROCKIN'!!!!で一滴マス。
            
                        Dope HEADz INA
05/18 07:29